顔ヨガへの思い



●顔ヨガに出会う前

 

今の自分の顔、好きですか?

 

私は顔ヨガを知る前までは自分の顔が嫌いでした。

黙っていると「キツソウ」「機嫌が悪いの?」と言われることもしばしば。

 

笑うと歯茎がむき出しになるガミースマイルが悩みで、美容整形を考えたほど・・・。

「でもこれが私の顔だから仕方ない」と思っていました。
 

それでも自分を好きになりたくて、美容には気を使いました。

20代の頃は化粧品にハマり、デパートで高い化粧品を買うことがステイタス。

「お店でも開くの?」と言われるぐらい、アイシャドウを集めたこともあります。

 

20代後半からは月1でフェイシャルエステに通いました。

 

 

だけど趣味ができ、やりたいことが増えると、なくなるのはお金。

私の場合は真っ先に「美容代」を削りました。

 

 

趣味を充実させ、楽しい毎日を過ごしていたある日、 写真に映った自分の顔に幻滅しました。

 

 

最初は気のせいだと思いました。

気のせい、気のせい・・・から、

いつの間にか、年齢のせい に変わりました。

 



●顔ヨガとの出会い

 

顔については、

「年齢のせいだから仕方ないなぁ」「このままオバサンになっちゃうのかなぁ」と諦めていました。

 

ヨガが大好きで、もっとヨガを深めたいと思っていたので、

ネットで「ヨガのワークショップ」を探していました。

 

そして、その時に

「フェイシャルヨガ(顔ヨガ)」という文字が飛び込んできました。

 

フェイシャルヨガ? 顔ヨガって何?と、

カラダのヨガWSはそっちのけで、顔ヨガについてもっと知りたくなりました。

 

ビフォーアフターが載っているけど、本当にそんな効果があるの?

半信半疑になりながらも、やっぱり気になる「顔ヨガ」

とにかくやってみたい!!と思い、近くの顔ヨガ教室を探しました。

・・・が、2014年当時 この東海地方でフェイシャルヨガを受けられる教室はありませんでした。

 

どんなことをするかも分からない! だけど気になる!!

本当に価値があるのかな?

 

頭の中で堂々巡りをしながらも、どんどん老けていく自分に耐えられず、

思い切って大阪で行われる養成講座を申込みし、習いに行きました。

2014年9月 

養成講座の最初に撮った、

私のビフォー写真です。

 (当時34歳)

 

養成講座については割愛します。

興味がある方はコチラをご覧ください。



●顔ヨガの凄さを実感、広める決意

 

 

 

顔ヨガをやると、すぐにムクミが取れました。

それまでは「顔だけ日焼けしてる」と思い込んでいましたが、顔ヨガをやると顔色が良くなったことから日焼けではなく、くすみだったことも判明しました。

 

続けるうちに口角が上がり、ガミースマイルも改善し、笑顔も上手になりました。

 

自分のために、趣味で習いに行った顔ヨガですが、

予想を遥かに超える効果に驚き、

当時この東海地方でほとんど知られていなかった

高津文美子式フェイシャルヨガ(顔ヨガ)を広めることを決意しました。



●伝えたい思い

顔ヨガに必要なのは、“自分の顔” と “顔を動かす力”

高い化粧品も、美容器具も、誰かの手も必要ありません。

(あえて必要なものと言えば鏡ぐらい)

 

自分の顔を自分で動かすだけ。

 

そう、普段当たり前にしている動作も、意識をすることで、

自分で自分の顔を変えることができるのです。

 

「もっとキレイになりたい」と思っている全ての女性に、

「もう年だから仕方ない」「昔からこの顔だから」と

諦めている人たちに、

 

自分の力で、美しく変身できる

ということを知って欲しいと思っています。

 

 

そして、顔ヨガのすごいところは、顔だけに留まらないところ。

 

顔は心を映していると言われています。

心は自分でコントロールするのは難しいですよね。

心をキレイにしようと思って、キレイにできるものじゃないし、

元気になろうと思って、元気になれるものでもない。

(空元気にはなれるかもしれませんが、あとから余計と落ち込みます)

 

でも顔はコントロールできるんです!!

口角を上げることも、眉間にシワを寄せることも、オデコを上げることも。

 

顔は心を映している。

 

すなわち、顔と心は繋がっているんです。

だから、顔を良くすれば心も良くなるはず。

 

顔が変わることで得られる、

 “心の変化” をあなたもぜひ味わってください。